松本為佐視 Isami Matsumoto
1931年京都に生まれる。 父のもとで青磁、白磁、絵付等陶芸を学ぶ。文化勲章受章・芸術院会員の楠部彌弌先生に師事し、1954年には京展で『変壺』が初入選して市長賞を受賞。第10回日展では「創世」で特選・北斗賞受賞。第11回日展には『幽玄』を無鑑査出品。現代工芸美術展や日本新工芸展などの審査員を歴任。作品は「盛り上げ」による繊細な立体感と流れるような釉薬が一体となる端正な美しさが特徴。「平安 土佐鶴」の青磁壺は最高の酒を詰めるのに相応しい逸品。
 
【閉じる】