手島右卿 Yukei Teshima 1901-1987
1901年高知に生まれる。酒と書をこよなく愛した世界的書家で、作品はホワイトハウスや大英博物館など広く世界に収蔵される。川谷尚亭らに師事。1932年サンパウロ・ビエンナーレ展に『崩壊』を出品。翌年ブリュッセル万国博「近代芸術の50年」の出品作『抱牛』は、同時に出品された巨匠パブロ・ピカソ以上の高い評価を得て最高殊勲金賞に輝いた。1957年文化功労者。独立書人団会頭、日本書道専門学校校長なども歴任。昭和24年親交の深かった土佐鶴蔵元を訪れ『千寿土佐鶴』を揮毫した。
 
【閉じる】