中岡慎太郎 Shintaro Nakaoka 1838-1867
1838年土佐に生まれる。坂本龍馬の盟友で陸援隊長となり、激動の幕末に死を賭して尊攘運動に参加、薩長同盟から倒幕へと維新の夜明けを目指しひたすら奔走した。慎太郎はまた、土佐藩北川郷庄屋としても数々の功績を残した。重なる厳しい飢饉から郷民の健康を守るため近在にゆずを植えさせたのもその一つ。以来百四十有余年、今や土佐東部は日本一のゆず産地として知られる。先見の人、慎太郎の思いが「土佐のゆず酎・陸援隊」に息づく。
 
【閉じる】