日本屈指のイラストレーター毛利彰が描いた海援隊イメージCM全9コマを連続写真で展示しています。
土佐が生んだ英雄、坂本龍馬率いる海援隊は、慶応三年(一八六七年)四月、土佐藩の遊軍として結成された。
海援隊は藩に属さず、合議制をとり、身分制度からも政治的にも自由であった。
隊員は、政治・経済・語学・航海術を学び、運輸射利・開拓投機を仕事とした。海援隊と陸援隊、合わせて翔天隊と呼ぶ。
同年十一月の龍馬の死によって、彼等自身の夢と希望は潰えたが、”狭い日本を脱し、世界の大海原へ"という志は、後に時代を超えて影響を受けた若者達によって確実に受け継がれてい
る。
ー志あるところ、海援隊ありー